NIIGATA光のページェント

NIIGATA光のページェント

NIIGATA光のページェントは、新潟県新潟市中央区で、毎年年末年始に行われているイルミネーションイベントです。新潟における冬の風物詩として定着しています。訪れる人を温かく迎えてくれる光のトンネルは降り積もる雪と見事なコントラストを作り出しています。

クリスマスといえばアレですよね

NIIGATA光のページェントとは

新潟駅南口ロータリーおよび隣接する新潟市道駅南線(けやき通り)の街路樹を約26万個の豆電球により電飾します。特にけやき通りでは、幻想的な「光のトンネル」が東西1kmに渡って形成されます。NIIGATA光のページェント実行委員会の主催、新潟市南商工振興会の共催で、運営は全てボランティアによって行われています。ハッピマンデー精度施行後の点灯期間は、1月の成人の日までの年末年始1ヶ月間となっています。2010年度を例にとると、点灯期間は12月10日~1月10日です。例年初日は金曜日、最終日は成人の日のため月曜日となります。点灯時間は、夕方から新潟駅着の上越新幹線最終列車が到着してしばらく後までです。2008年度の例では17時~24時20分、2010年度は17時~24時10分でした。

NIIGATA光のページェントの歴史

1987年、ボランティアが3万個の豆電球をけやき通りのケヤキ17本に飾りつけたことから始まりました。その後、年を追うごとに電球の数は多くなっていきます。1991年からは、新潟市が150万円の補助金を交付し始めました。何度か増額され、近年は補助率40%強ほどの500万円となっています。2002年には、けやき通り150本および新潟駅南口58本の計208本のケヤキに合計26万個の豆電球が飾り付けられました、この年以降この規模で維持されています。2007年からは、電飾の消費電力約2万kWhのうち5千kWhをグリーン電力証書を利用して再生可能エネルギーで賄っています。さらに2008年からはLED電飾への切り替えが順次行われるなど、省エネルギーに配慮した取り組みがなされています。

概要

  • 開催期間・・・12月初旬~翌年1月初旬
  • 会場・・・JR新潟駅南口ロータリー、けやき通り
  • 最寄り駅・・・JR新潟駅
  • 主催・・・NIIGATA光のページェント実行委員会
  • 共催・・・新潟市南商工振興会
  • 後援・・・新潟県、新潟市、新潟市内商業・観光各団体、在新潟マスメディア各社
  • 協力・・・東北電力新潟営業所、JR東日本新潟支社、新潟交通ほか

「SENDAI光のページェント」との関係

1986年から「SENDAI光のページェント」は始まっており、「NIIGATA光のページェント」はその次の年から始まっています。名称やロゴタイプにおけるローマ字・漢字・かなの使い分けが同じであり、「ケヤキ並木に電飾する」という点でも両イベントは共通しています。ただし、ケヤキの電飾方法やイベントの規模は大きく違っていて、「SENDAI光のページェント」のほうが集客数や電球数では遥かに大規模となっています。なお、SENDAI光のページェント実行委員会をサポートしている仙台市の興行会社のGIPが、「NIIGATA光のページェント」が始まる前から「光のページェント」の商標の登録・管理を順次開始しています。そのため、「NIIGATA光のページェント」の関連グッズを作成・販売する場合は、「SENDAI光のページェント」の知的財産権を尊重しなければならないことになっています。

軒先にイルミネーションを施したい貴方へ

オススメポイント

NIIGATA光のページェントは、名前やケヤキ並木という共通点から「SENDAI光のページェント」と比較されることが多く、仙台のほうが圧倒的に迫力があり知名度も高いので、新潟は見劣りすると思われがちです。確かに仙台と比べてしまうと小規模ですが、新潟も仙台と同じくらい歴史があり、ケヤキ並木が作り出す「光のトンネル」は冬の空に温かみをもたらしてくれる優しい光となっています。仙台のように様々なイベントが開催されることもありませんが、ミニコンサートや点灯式などもあり、小規模だからこその味が出ていると思います。また、渋滞や混雑もないので、ゆっくりとイルミネーションの美しさに浸ることができます。地元の小学校とも連携していて、ゴミ拾いに勤しむ姿や、点灯式では劇の披露も行われたりしていて、地域密着の温かみのあるイベントとなっています。駅からのアクセスもよく、都内からなら新幹線で2時間程度で着く手軽さも魅力のひとつです。