大阪市中央公会堂

大阪市中央公会堂

OSAKA光のルネサンスのメインイベントである3Dマッピングの会場となる大阪市中央公会堂は、会議室やコンサートホール、レストランからなる大阪市民の憩いの場所です。約100年の歴史を持つ由緒正しい建物で、国の重要文化財にも指定されています。

クリスマスといえばアレですよね

大阪市中央公会堂の歴史

大阪市中央公会堂(旧中之島公会堂)は、大阪出身の株式仲買人・岩本栄之助の寄付によって建てられました。北浜の風雲児と呼ばれた岩本は1909年に、渋沢栄一率いる渡米実業団に参加し、アメリカの大都市の公共施設の立派さや、富豪たちによる慈善事業や寄付の習慣に強い印象を受けました。彼は父の遺産と資材をあわせた100万円を公共施設建設に寄付することを決め、蔵屋敷の廃止後衰退し再生を模索していた中之島に公会堂を建設することにしました。そして1911年、岩本栄之助が公会堂建設費として当時の100万円を寄付したことにより、財団法人公会堂建設事務所が設立され、建設計画が始まりました。設計に伴い、懸賞付き建築設計競技が行われました。最終的に13名の建築家が参加し、「様式の天才」と呼ばれた岡田信一郎の案が1位となりました。岡田の原案に基づいて、辰野金吾・片岡安が実施設計を行い、1913年6月に着工、1918年11月17日にオープンとなりました。公会堂建設のために私財を投じた岩本栄之助は、第一次大戦による相場の変動で大きな損失を出し、公会堂の完成を見ないまま1916年に自殺しました。

年表

  • 1911年8月・・・財団法人公会堂建設事務所が設立
  • 1913年6月・・・着工
  • 1918年11月・・・竣工
  • 1999年3月・・・リニューアル工事着工
  • 2002年11月・・・リニューアル工事竣工
  • 2002年12月・・・国の重要文化財に指定

建物の特徴

建物は鉄骨煉瓦造地上3階・地下1階建てです。デザインはネオ・ルネッサンス様式を基調としつつ、バロック的な壮大さを持ち、細部にはセセッションを取り入れており、アーチ状の屋根と、松岡壽によって天地開闢が描かれた特別室の天井画・壁画が特徴となっています。大阪市中央公会堂は、日本有数の公会堂建築であり、外観、内装ともに意匠の完成度が高く、日本の近代建築史上重要なものとして2002年12月26日に国の重要文化財に指定されています。1999年には老朽化が進んだため、同年3月から2002年9月末まで保存・再生工事が行われ2002年11月にリニューアルオープンしました。耐震補強、免震レトロフィットやバリアフリー化がなされ、ライトアップもされるようになりました。リニューアルの際に取り除かれた当初の意匠についても、一部は保存・活用されており内装の一部に旧館の遺構をはめ窓のようにしてみせるなどの工夫がなされています。また、周辺道路と敷地を隔てる境界にも、遺構が利用されています。この建物は、東京大学生産技術研究所の藤森照信教授らの監修による赤煉瓦ネットワークの「20世紀 日本赤煉瓦建築番付」で、広島県にある江田島旧海軍兵学校生徒館、福岡県にある今村教会と共に、西の横綱に選ばれています。また、横浜開港資料館日本赤煉瓦建築番付でも、京都国立博物館と共に、西の横綱に選ばれています。

内部

正面入口は1階に、側面入り口は地下階にあり、コンサートなど大きな行事があるとき以外は、側面入口を利用するようになっています。

  • 地下階・・・レストラン、展示室兼会議室、岩本栄之助記念室
  • 1階・2階・・・ホール(大会議室)
  • 3階・・・中・小会議室、特別室、事務局

概要

  • 敷地面積・・・5641.81㎡
  • 建築面積・・・2330.35㎡
  • 延床面積・・・9886.56㎡
  • 規模・・・地上3階、地下1階
  • 構造・・・既存部:鉄骨煉瓦造+増築部:RC造
  • 設計原案・・・岡田信一郎
  • 設計・・・公会堂建設事務所
  • 建築顧問・・・辰野金吾
  • 工事監督・・・片岡安
  • 竣工・・・1918年
  • 再生工事竣工・・・2002年

用途

大阪市中央公会堂では、各種の講演や会合などが催され、大阪市民に親しまれてきました。これまでにロシア歌劇団の公演やアルベルト・アインシュタインを始め、ヘレン・ケラーやガガーリンなどの歴史的人物の講演も行われました。2006年からは、大阪フィルハーモニー交響楽団の音楽監督大植英次がプロデュースする同交響楽団を中心とした音楽祭「大阪クラシック」の有料コンサートの会場として、毎年ホールと中会議室が提供されています。

軒先にイルミネーションを施したい貴方へ

赤レンガの横綱

大阪市中央公会堂は、赤レンガ建築の世界では「西の横綱」と呼ばれるほど評価の高い建物です。レトロな赤レンガの建物は、東京駅を思わせるようなどこか懐かしい風合いがあります。大阪の中心地にあるはずなのに、この中央公会堂の周辺は時間がゆったりと流れている気がしてとても落ち着ける場所です。館内には岩本栄之助の資料展示室やレストランなどもあります。岩本栄之助は北浜の風雲児とも呼ばれた人物で、この公会堂のために私財を寄付し、破産した後も寄付金を一部返して貰えばいいという仲間の忠告に、一度寄付したものを返せというのは大阪商人の恥と言って自殺する道を選んだのだそうです。彼は公会堂の寄付の他にも貧しい子供達のための塾を作ったりと積極的に慈善活動をしており、大阪市民にも大変人気があったそうで、自殺を図って生死を彷徨っていた5日の間、人々は彼の無事を祈って夜通しかがり火を焚いたのだそうです。結局岩本は39歳の若さでこの世を去ってしまいますが、今もその精神は大阪中央公会堂と共に生きていることでしょう。公会堂では結婚式も出来るそうで、このクラシカルな建物と純白のウェディングドレスはさぞ似合うのだろうなと思わされます。夜にはライトアップもされ、大正時代の意匠を残す建物が中之島の緑の中に優しく浮き上がってとても綺麗です。大阪市内の建物の中でもひときわ美しいこの建築物は、観光にもデートにもオススメです。