OSAKA光のルネサンス

OSAKA光のルネサンス

OSAKA光のルネサンスは中之島の大阪市役所前から中之島公園で開催されるOSAKA光のルネサンス実行委員会主催のイルミネーションイベントです。大阪市役所南側のみおつくしプロムナードにイルミネーション装飾を施し、大阪市中央公会堂や市役所、中之島バラ園のライトアップなどが行われます。観光客や市民に人気のイベントで、2003年の初開催から年々規模が拡大するにともない来場者も増えています。2010年度の開催の際には約286万人にも上る来場者があり、大阪の冬の風物詩として府の内外問わず多くの人に親しまれています。

クリスマスといえばアレですよね

概要

  • 開催期間・・・12月初旬から翌年1月中旬まで
  • 点灯時間・・・17時~22時
  • 会場・・・大阪市中之島の大阪市役所周辺、中之島公園、その他。
  • アクセス・・・京阪中之島線なにわ橋駅徒歩すぐ、大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線淀屋橋駅下車徒歩1分、大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電気鉄道北浜駅下車徒歩5分、JR東西線北新地駅下車徒歩8分

プログラム

中之島で開催される「OSAKA光のルネサンス」では、光と音楽が織り成すファンタジックな空間を楽しむことができます。特に大阪市中央公会堂正面で繰り広げられるプロジェクトマッピングは、約100年の歴史ある建物をキャンパスに描かれるストーリー仕立ての3Dマッピングとなっており、その光景は圧巻です。また、光のマルシェでは、食事をしながらイルミネーションを楽しむことができ、贅沢な時間を送ることができます。さらに中之島公園では、光で描かれたバラや水の波紋、鳥の羽ばたきなど、ほかでは見られない一風変わったイルミネーションを見ることができます。

水辺のオペラ「光の歌劇」

OSAKA光のルネサンス2013のメインプログラムとして行われる3Dマッピングです。ネオ・ルネッサンス様式の「中央公会堂」のデザインや形を活かし、個性あふれる世界に一つしかない光の演出が観客の心を掴みます。中央公会堂の屋根の上に飾られた二つの像に光が息を吹き込み、音楽に合わせて舞う光の輝きがまるで夢の中のような世界を作り出しています。

  • 会場・・・大阪市中央公会堂正面
  • 開催期間・・・12月15日~12月25日
  • 時間・・・17時~21時(1回約6分のショー)

中之島イルミネーションストリート

ケヤキ並木が作り出す光のアーケードです。音楽に合わせて光が色とりどりに変化し、幻想的な空間を作り出しています。光と音楽の演出は21時30分までなので、お見逃しなく!

  • 会場・・・みおつくしプロムナード
  • 開催期間・・・12月15日から12月25日
  • 時間・・・17時~22時
  • プレビュー点灯・・・12月1日から14日
  • クロージング点灯・・・12月26日から1月19日

フランスアベニュー

中之島通に植えられた26本のケヤキの木がライトアップされ、まるでパリのような上品な街並みが出来上がります。優しい光を放つケヤキ並木が大阪市中央公会堂を際立たせていて、水辺のオペラと合わせて楽しめるイルミネーションです。

  • 会場・・・中之島通(大阪市中央公会堂正面~難波橋)
  • 開催期間・・・12月15日から12月25日
  • 時間・・・17時~21時

ローズライトファンタジア

バラや自然をモチーフにした光で彩られたバラ園と、羽ばたく鳥を表現したイルミネーションや光が作りだす波のイルミネーションなどがある芝生広場から構成されています。中之島公園の自然とのコラボレーションが非常に美しい作品となっています。

  • 会場・・・中之島公園 バラ園・芝生広場
  • 開催期間・・・12月15日から12月25日
  • 時間・・・17時~22時

大道芸

大阪パフォーマーライセンス認定の一流パフォーマー達が、ダイナミックで幻想的な大道芸を披露してくれます。イルミネーションイベントらしく、使う小道具にも工夫を凝らしてあるのが特徴的です。間近で見る大道芸の迫力は想像以上です。

  • 会場・・・中之島公園 天神橋高架下付近
  • 開催期間・・・12月15日から12月25日
  • 時間・・・18時~21時

大阪芸術大学グループ作品展

大阪芸術大学の作品展は、今年で11年目を迎えます。「アート・オムニバス♪真冬の夜の夢♪」と題した今年の作品展は、光と音による演出が施された汽車をアートギャラリーに見立てて夜の闇を照らしています。その姿はまるで銀河鉄道のよう。ノスタルジックな気分にひたれる作品展です。

  • 会場・・・リバーサイドパーク
  • 開催期間・・・12月15日から12月25日
  • 時間・・・17時~22時

公益社団法人全日本ネオン協会展示

ネオンというアナログな光を使い、夜空に浮かぶ音符を表現しています。独特の柔らかな光のにじみが、美しく不思議な空間が演出され、見ているだけでほっと癒されるようなイルミネーションに仕上がっています。

  • 会場・・・リバーサイドパーク
  • 開催期間・・・12月15日から12月25日
  • 時間・・・17時~22時
    軒先にイルミネーションを施したい貴方へ

オススメポイント

OSAKA光のルネサンスのいいところは、一日では回りきれないほどプログラムが充実しているところです。メイン会場となる光のフェスティバルパークと中之島ローズライトパークの二つの会場はとても広く、また様々な企画のイルミネーションがあるので、最初から最後まで驚きと感動を味わいながら歩くことができます。特に中央公会堂のプロジェクトマッピングは圧巻で、ほかのイルミネーションイベントでも中々お目に掛かれないものなので、大変人気です。混雑時には1時間くらい並ぶ場合もありますが、1時間並んでも見る価値があるほど綺麗で、迫力があります。また上記のプログラム以外にも大阪市役所内に期間限定でオープンする「中之島おもてなしカフェ」や中之島公園の「光のマルシェ」など、イルミネーションの中で美味しい料理を堪能できるレストランも併設されるため、心もお腹も大満足できることでしょう。イベント自体の歴史は浅いですが、その分色々な工夫が見られ、観客を飽きさせることなく楽しませてくれる点は非常に好感が持てます。