神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエは神戸市の旧居留地にて1995年から毎年12月に行われている祭典です。1995年1月に発生した阪神・淡路大震災の発生を契機に、鎮魂と追悼、街の復興を祈念して、震災で激減した神戸への観光客を呼び戻す目的で開催されました。通りや広場独特の幾何学模様で構成されたイルミネーションで飾り、昼間とは異なる風景を出現させてその景観を楽しむもので、イタリア人のヴァレリオ・フェスティと神戸市在住の今岡寛和によって共同で造られました。ルミナリエのイルミネーションはまるで闇夜に浮かぶ宮殿のようで、ほかのイルミネーションイベントとは一味違った美しさが魅力となっています。「ルミナリエ」という言葉は、イタリア語でイルミネーションという意味だそうです。

クリスマスといえばアレですよね

神戸ルミナリエの歴史

1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生しました。未曾有の大災害となったこの震災後の阪神地区で「復興神戸に明かりを灯そう」という意図で始まったのがこの神戸ルミナリエでした。現在ではクリスマス時期のイベントとして定着しており、全国各地からルミナリエを観覧目的とした観光バスが出るなど、約2週間の期間中に毎年約400万人が訪れる冬の風物詩となっていますが、最初の点灯式では閑静の後静寂になり、涙を流す人が多かったそうです。初年度は、1994年7月から9月にかけて和歌山で開催された「世界リゾート博」で使用した後、倉庫に保管していた部材を使用し、経営企画センターにより運営されました。翌年からは経営企画センターの従業員とヴァレリオ・フェスティと共に株式会社アイ・アンド・エフを設立して独立しました。毎年クリスマス当日まで実施されていましたが、2005年は12月9日から12月22日まで、2006年は12月8日から12月21日までと開催時期が繰り上がりました。クリスマス・イヴとクリスマス当日に来場者が集中して危険な状況に陥ることを回避し、歳末商戦時に周辺商業施設がルミナリエによって商機を逸することに配慮したためとされています。開催日をずらしたことによる売上げの変動は現在のところ報告されていません。メイン会場は旧居留地内の仲町通が電飾で彩られ、終着地の東遊園地では敷地を取り囲むように光の壁が立てられます。会場ではテーマ音楽が流れていて、公式グッズとしてCDも発売されています。過去には山陽新幹線新神戸駅前をサテライト会場に、神戸ハーバーランドと異人館をサブ会場として開催されたこともありましたが、2005年以降は別会場は設けられなくなりました。会場の順路は、元町駅から三ノ宮駅方面への一方通行となっています。以前は、仲町通からの東進するだけのルート設定でした。2005年以降は入場前の迂回ルートが長く、鯉川筋の神戸大丸正面の交差点から花時計線を東に進み、京町筋を南進、三宮中央通を西に右折して再び大丸まで戻ります。トアロードを南に進んで、仲町通に着いたら左折します。そうするとようやくメイン会場のイルミネーションを見ることが出来ます。混雑と迂回ルートの距離の長さから、高齢者や身体障害者などの鑑賞が困難となってきたため、1999年からは開催の約1週間前に実施される試験点灯日を身体的弱者が安全に鑑賞するための「ハートフルデー」として割り当てています。2005年に震災復興関連の補助金拠出が終了したことを受け、2007年からは開催期間が従来より2日間短縮され、12日間となっています。

募金と宝くじ

1999年から、会場内では募金宝くじが発売されています。2001年まではいわゆるイベントくじで、受託銀行が通常の第一勧業銀行ではなく神戸市に本店を置く第二地方銀行のみなと銀行となっていたのが特徴でした。2002年以降は近畿宝くじに組み込まれたためみずほ銀行の受託となりました。ただし、神戸市内を含む一般の宝くじ売り場で販売されているものはルミナリエへの募金にはなりません。

ルミナリエの課題

混雑

イルミネーションイベントとしては珍しく、クリスマスを開催日から外しているのは、上記の通りクリスマス時の開催では1日で約60万人もの来場者が詰め掛けて危険であると判断されたためでした。また、もう一つの原因として、ルミナリエに人が流れて売上げが落ちたという地元の商店街に配慮したためとされていますが、開催日を外したことによって商店街の売上げが上がったことを裏付ける資料はありません。また、クリスマス期間以外でも年々混雑が厳しくなっており、会場周辺に警備員を配置したり、会場内と周辺道路で歩行者を含めて通行制限を徹底するなどの対策がとられていますが、メイン会場の旧居留地に着くまでには大変時間が掛かるため混雑緩和対策を望む声が上がっています。

資金

ルミナリエの開催期間中、東遊園地会場ではルミナリエ関連グッズや宝くじが販売されています。会場入口の三井住友銀行神戸営業部前や東遊園地会場のいたるところに「再びルミナリエに逢うために」「100円募金にご協力ください」と書かれた募金箱が設置されています。募金やグッズ等の売上金の一部は開催経費に充てられますが、年々資金繰りは悪化しており、今後の開催が危ぶまれているのも事実です。

露店

1997年の開催から東遊園地会場に神戸ルミナリエ実行委員会公認の露店が出店するようになりました。近年は会場の雰囲気に配慮して派手な露店の装飾が規制され、所定の白いテントに芝居文字で「たいやき」や「たこやき」などと書かれただけの質素な露店群となっていますが、ゴミの問題や、震災犠牲者を鎮魂するイベントに露店はそぐわない、あるいは近年では当初の目的である震災犠牲者を鎮魂するイベントの意味合いが薄れて単なるクリスマス期のイルミネーションイベントに成り下がっているといった批判的な意見も見られます。

軒先にイルミネーションを施したい貴方へ
マンションとは、日本語ではアパートよりも大型の共同住宅(集合住宅)を表す一般名詞として使われています!静岡 マンションでお探しのお住まいを!

震災の追悼と復興に願いを込めて

神戸ルミナリエは前述したとおり、1995年に発生した阪神・淡路大震災の鎮魂と復興のために始まったイベントです。点灯の瞬間に涙した人が大勢いたというエピソードからも分かる通り、神戸の人々がこのイベントに掛ける思いというのはとても大きいのだと思います。資金難が叫ばれているようですが、阪神・淡路大震災を忘れないために、人々の心に刻むためにも是非とも続けていただきたいイベントです。ルミナリエのイルミネーションは非常に壮大です。神戸の空に突如として現れる光の宮殿は思わず息を飲むほどの美しさです。特に素晴らしいのは点灯の瞬間です。ルミナリエに行くなら一度は見ていただきたい瞬間ですね。土日は大変混雑しますが、平日の早い時間ならあまり並ばずに見れますし、最終日に近づくにつれて来場者が増えますので、初日の早い時間に行くことをオススメします。2013年の開催期間は12月5日から12月16日までで、点灯時間は月曜から木曜までが18:00~21:00、金曜日は18:00~22:00、土曜日は17:00~22:00、日曜日は17:00~21:30までとなっています。神戸の夜は冷えるので暖かい格好でいらっしゃってくださいね。